グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利過払い金請求を行う際に、しっかり理解しておいて欲しいのが、「グレーゾーン金利」です。しかし、グレーゾーン金利は難しい部分も多いので、理解できていない方は沢山います。そこで、このページでは、グレーゾーン金利についてご紹介させて頂きます飲んで、過払い金の請求を行う前に、しっかり確認しておいてください。

過払い金の請求で、事前にしっかり確認しておいて欲しい、グレーゾーン金利とは平成22の年6月17日より前に利息制限法が定めていた金利、すなわち貸付け額に応じて15から20%の金利を超える無効な金利だったのですが、出資法で罰則を定めている金利の29.2%未満である事から罰せられることのない高金利の事です

一方から見れば、違法なのですが、もう一方から見ると違法ではない。この黒でも白でもない金利を、グレーゾーン金利と呼ばれていました。しかし、平成22年6月18日に、出資法の上限金利が、利息制限法の水準の20.0%に引き下げられた事を契機に、廃止されました。 また、貸金業法が改正された事により、利息制限法の上限の金利を超える場合には、貸金業法による行政処分の対象となりました。このような背景があった為、過払い金請求を行う人が増えてきました。