過払い請求後の借り入れ

過払い金の請求を簡単に説明すると、以前、金融機関からお金を借りて、返済をしたお金の中で、利息制限法の上限を超えて、支払ってしまったお金を取り戻すための請求を行う事ですが、心配されるのが、過払い金の請求を行った後に、他の金融機関からお金を借りる事ができるかという事です。このページでは、過払い金の請求を行った後でも、これまで通りお金を借りる事ができるのかなどの情報を紹介していますので、参考になさってください。

お金を借りるお金を借りる場合には過払い金請求を行う前と同様、審査に通過する必要があります。ローン会社の審査内容は、お金を貸した時に、しっかりと返済できるを確認する物になりますので、借りる方の年収や、返済する際の、収入と借金の金額の負担率、会社に働いている勤続年数、現在の雇用形態、借りる方の年齢や、健康状態、担保の評価額などを基本にした物になっていますが、同時に、これまでの借入の履歴と、返済内容などを、信用情報機関に照会されます。

紹介された信用情報機関の情報に、事故情報がある場合には、審査は通過されません。この事故情報は、過払い金の請求ではなく、返済が滞ったり、ブラックリストに載るなどの事ですので、たとえ、過去に過払い金を請求した経験があったとしても、問題なく借りる事ができますので、安心してください。

過払い請求の注意点

過払い金の請求は、お金が関わる事ですので、個人で解決する場合に、とても難しい部分があります。そこで、このページでは、過払い金の請求を行う際に、注意して頂きたい内容をまとめましたので、過払い金の請求を行う前に、チェックしてみてください。

時効まず最初に確認して頂きたい事は、過払い金の請求には時効が存在する事です。時効が生じるには10年あります。10年前ほど前から、現在まで、金融業者との取引きがあったり、返済が完了した日から、10年以内であれば、まだ過払い金が発生している可能性があります。その場合には、返還訴訟をする事で、払いすぎた金利を、取り戻すことも可能です。

しかし、ここで注意しなければいけないのが、過払い金が全額戻らない可能性があるという事です。グレー金利の返済が一般化したため、消費者金融の大手だった、「武富士」が破綻した事もあり、貸金業者は、経営難な所も少なくありません。「武富士」が破綻した時には、過払い金が発生していた人に対し、弁済は、全体の3.3%しかありませんでした。

過払い金返還訴訟を検討している場合には、その請求が、債務整理なのか、否かを確認する必要があります。完済した後の過払い金返還訴訟であれば、債務整理に当たらないので個人信用情報機関には何も登録されませんので、大丈夫ですが、請求する時に借り入れがある場合に過払い金返還訴訟を行うと、任意整理という債務整理に該当する可能性がありますので請求するタイミングも重要になります。いずれにせよ、過払い金の請求を検討している場合は行政書士や弁護士などの専門家に相談してみることをお勧めします。

推奨HP過払い・過払い金請求とは? | 債務整理・借金相談は弁護士法人アディーレ法律事務所

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利過払い金請求を行う際に、しっかり理解しておいて欲しいのが、「グレーゾーン金利」です。しかし、グレーゾーン金利は難しい部分も多いので、理解できていない方は沢山います。そこで、このページでは、グレーゾーン金利についてご紹介させて頂きます飲んで、過払い金の請求を行う前に、しっかり確認しておいてください。

過払い金の請求で、事前にしっかり確認しておいて欲しい、グレーゾーン金利とは平成22の年6月17日より前に利息制限法が定めていた金利、すなわち貸付け額に応じて15から20%の金利を超える無効な金利だったのですが、出資法で罰則を定めている金利の29.2%未満である事から罰せられることのない高金利の事です

一方から見れば、違法なのですが、もう一方から見ると違法ではない。この黒でも白でもない金利を、グレーゾーン金利と呼ばれていました。しかし、平成22年6月18日に、出資法の上限金利が、利息制限法の水準の20.0%に引き下げられた事を契機に、廃止されました。 また、貸金業法が改正された事により、利息制限法の上限の金利を超える場合には、貸金業法による行政処分の対象となりました。このような背景があった為、過払い金請求を行う人が増えてきました。

過払い請求とは

過払い金は、消費者金融、クレジットカード会社などで利用されるカードローンにおいて、利息制限法の上限を超えて払わされていた利息のことです。これは、グレーゾーン金利とも言われ、以前はかなりの範囲で横行していましたが、貸金業法が改正されたことによって、現在は規制されています。複数の借り入れをしていた方や、元々の年収が少ない方などは、この利息の返済だけで生活がかなり苦しくなっており、多くの方の生活が脅かされていた背景がありあます。

裁判所貸金業法の改正により、利息制限法で定められていた利息以上を返済させられていた人々が、各地で裁判を起こしました。この最高裁判所の判決により、グレーゾーン金利に関して、支払いをしていたキャッシング利用者へ、この金額を返還することを消費者金融や貸金業者へ命じられました。そのため、多くの人の手元に、払い過ぎてしまった利息額が返還されることとなったのです。

しかし、この過払い金請求は、比較的新しい話であり、未だ過払い金を取り戻していないという人も少なくありません。返金してもらえるはずの違法な金利をそのままにしておくことは非常にもったいないことでしょう。こちらのサイトでは、過払い金請求に関する基礎的な知識を紹介していきます。過払い金請求を行う前には、知っておきたいポイントがいくつかあります。以前、グレーゾーン金利を請求されて支払ってしまった経験があるという方は、こちらで正しい知識を得るようにしてください。